なぜ逃げ道を作るべきなのか?マイナスイメージを必要としない理由

『逃げ道を作る』

直感的な印象としてはマイナスイメージを持ちませんか?

 

世間では頑張り続けること、我慢することが美徳だと考えられ、

 「逃げる」と言った言葉には厳しい目が向けられてしまいます。

 

そんな価値観に縛られてしまう人も多く、

自分を奮い立たせ無理する人も珍しくはありません。

 

この記事ではそんな「逃げ道」について、

決して悪いことではないと言うことを解説していきたいと思います。

 

この記事を読んでほしい人
・今の仕事が辛くて悩んでいる人
・辛い会社で働きながら将来の自分を真剣に考えている人

 

その場しのぎの逃げるには焦点を当てるのではなく、

将来を見据えて今できる逃げ道の必要性を述べていきます。

 

なぜなら、同じ逃げることにも、

本質がどこにあるかで大きく意味が異なるからです。

 

それを踏まえて以下のことが分かるようになります。

 

・計画的に逃げ道を作ることは“甘え”ではないこと
・逃げ道を作ることで現状を変えるきっかけを知ることができる
・逃げ道の作り方が分かる

 

逃げ道を用意することは、

少しでも楽に生きることのできる選択肢のひとつだと思います。

 

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

それではよろしくお願いします。

仕事から逃げたいのは「甘え」ではない

よくある普段の光景に、

 

「残業が多すぎてつらい...」

「職場の人間関係が悪すぎる...上司のパワハラがひどい...」

 

仕事をする中で、そんな悩みはそう珍しくもなかったりします。

 

一過性なものならまだしもいつまで続くのか分からない状態の人であれば、

働く意欲まで無くしてしまうような深刻な悩みです。

 

一日の大半を過ごす職場ならなおさらですよね。

 

しかし、「逃げることは恥だ」

「それはカッコ悪いことだ」みんな我慢してやっているのだから、

 

「逃げるなんて考えは甘えだ!」

 

どこからかそんな声が聞こえてきそうです。

 

言う側も言われる側も同じような価値観を持っていることが多く、

何となくそんな予感がすると思ってしまうのも想像が付きます。

 

だけど、自分の力ではどうしようもできないことだって現実にあるわけです。

 

現状を変えられないまま逃げ出すこともできず、

苦しい状態で頑張ってしまう人が多く存在するのも事実ではないでしょうか?

 

そんな現状から改善を目指すのであれば、

甘え一言で片付けてしまうのはあまりにも簡単すぎます。

 

ただ単にその場しのぎで逃げる道を選ぶのではなく、

未来を見据えて今の自分に不向きなことから逃げることは、

しっかりと将来の自分と向き合っています。

 

必ずしも「逃げる=甘え」と言う考えはすべきではありません。

「逃げ道を作る」ことが必要な理由

自分の力では、

どうにもならない環境で苦しんでいるのであれば、

 

逃げ道を作ってくだおくだけで、

苦難に立ち向かい続けることだってできます。

 

今の現状から逃げ出したいと感じながら、

ひとつの道しか選択肢のない状況で頑張り続けることと、

 

他の道の選択肢もありつつ現状を頑張り続けることでは、

精神面に与える影響力はまったく異なります。

 

逃げ道のない状態とは自らの選択肢がないことから、

精神的に追いつめらやすく心が不安定になる傾向にあります。

 

長く続くようになると、

うつ状態になる人も少くはないでしょう。

 

そのような状態に陥ってしまってからでは、

再スタートを切るのも大変ですし何より自分のためにもなりません。

逃げ道があることは精神衛生上とても有効的なものです。

 

もし不安定な状態に陥ってしまうと、

 

・気分が沈んでゆううつになる
・やる気がでなくなる
・睡眠がうまく取れない
・イライラや怒りっぽくなる

 

まだ他にもありますが様々な形で表面化すること繋がるかも知れません。

 

精神的な安定を維持させるためにも、

逃げ道を作っておくことはとても大事なことだと言えるのです。

「賢い逃げ方」を準備すること

では、

そんな逃げ道を作る方法がもっとも大切ではないでしょうか。

 

例えば転職で言うと、

その場から逃げたい一心で計画も立てず思い立つがままに行動してしまうことと

用意周到に行動をすることでは大きな差が生まれるのではないでしょうか。

 

思いつくがままに転職してしまった場合、

吉と出るか凶と出るかなんて結果でしか分かりません。

 

もしあなたに家族がいた場合には、

先行き次第では家族の生活レベルを落としてしまうリスクもあります。

 

背水の陣で望んだところで、

失敗してしまっては元も子もないわけです。

 

なので、そんな環境を変えたい場合には、

計画的に賢い逃げ方を準備する必要あります。

 

すぐに何かを決めて実行するのではなく、

今後の働き方を考えて必要な資格試験にチャレンジしたり、

副業から始めてみるなど時間をかけて選択肢を増やしていきましょう。

逃げ道の作り方の対処方法

そうは言っても、

「逃げ道なんて簡単に作れるのかな?」

と考えがちになるのが大多数の意見だと思います。

 

実際に作ろうとしても、

何からしていいのか分からない、

自分には他に何ができるのだろうかと思いますよね。

 

そんなところから、

まずは自分自身の整理から始めていきましょう。

冷静に自己分析をしてみる

まずは冷静になって自己分析をすることをおすすめします。

 

今の仕事から逃げたいと思うなかでも、

まだ気持ちに余裕があるなら自分のことを見つめ直すべきです。

 

「どうして今の仕事が耐えられないのか」

「どこが自分にとって合わない仕事なのか職場なのか」

 

冷静に分析することで、

今後の向かう方向を決める選択肢を考えるきっかけにもなります。

 

今やっている仕事は嫌いじゃないけど、

会社組織や人間関係が肌に合わないことが自覚できたり、

 

そもそも会社員として働くことが、

向いていなかったりと自分の特徴を知ることができます。

 

自己分析をすることで、

あとあと目指す方向性が見えてくるので、

自分の適正を再確認するうえでも時間を多く使いましょう。

勉強をしてスキルを上げる

自分の特徴や適性が分かれば、

あとはそれに沿ったものを探して行きます。

 

もしやりたい仕事があるのでれば、

その業界でのあなたの市場価値を高めることです。

 

独学でも他の人より高いスキルや能力を身に着けていれば、

それだけでも転職活動をする際に困る事はありませんし、

けっして無駄にはなりません。

 

それを得るためにひたすら勉強をします。

 

あなたが興味のあること、

次のステージで活かせることを継続して勉強するだけで、

他の人より差を付けることができるからです。

 

資格試験を目指すことでも、

技能を磨くことでも何でも構いません。

 

毎日少しづつでも継続し勉強すれば、

大きな力に変わり自信にも繋がります。

 

今後の人生においても、

自分にできることを極めていくことは、

大きな財産にもなり逃げ道を作るうえでも効果を発揮します。

自分で稼ぐ力を身に付ける

転職とは異なりますが、

自分で稼ぐ力をつけるため副業から始めてみることです。

 

ひと昔前で言う内職や、

本業が終わってからのアルバイトではなく、

どこの会社組織にも属さず稼ぐことを意味しています。

 

今ではインターネットの普及により、

私たちのブログのようなアフィリエイトや、

YouTube、転売等のネットビジネスが拡大したことで

副業の幅も大きく広がりました。

 

ネットビジネスと言うと、

難しそうなハードルの高さを感じますが、

実は誰にもできる副業として人気の高い職業です。

 

会社以外の給料から、

自らの力で稼ぐことができれば、

社会での経済的な自立を手に入れられます。

 

そうすると、

会社だけの収入源に頼らなく良くなるため、

会社に依存しなくても良くなります。

 

初めのうちは収益化というよりは、

稼ぐ力を身に付けて行くことが主流になりますが、

軌道に乗りさえすれば副業を本業に変えることだってできます。

 

そうすれば、

今の嫌な仕事も辞めることができるし、

転職活動もする必要がなくなります。

 

これは私たちがいま実践している方法でもあるし、

逃げ道を作るうえでは最もおすすめな方法です。

 

自分で稼ぐことについてはこちらの記事で紹介しています。

自分で稼ぐ!これからの時代に必要な会社に依存しない方法

選択肢を広げるには参考になるかと思います。ぜひ読んで見てくださいね。

まとめ

ここまでが仕事をするうえで、

逃げ道を作ることの大切さの紹介となります。

 

逃げ道を作ることは、

けっして甘えなんかではありません。

 

現状に苦しんでいることで、

将来や未来の自分を真剣に考えたときに、

ひとつの選択肢として準備しておくものです。

 

自分自身のためになることや、

成長を促すものであればうまく逃げ道を作りながら、

人生設計をしてみることが良いのではないでしょうか。

 

あなたの今がより良い将来に繋がることを願います。

 

今回はここまでとなります。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事