アイキャッチ画像に使えるフリー素材サイト8選!ブログにおすすめ

「ブログに使える画像はどこから使えば良いのだろう?」

「ブログに使える画像のフリー素材サイトが知りたい」

 

そんなブログに使えるアイキャッチ画像について、

無料で使うことができるおすすめサイト8選を紹介します。

 

この記事を読むことで以下の2点が分かるようになります。

 

・無料で使えるフリー素材サイト8つの特徴が分かる

・フリー素材を加工できるツールが分かる

 

結論から言うと、

無料で使えるフリー素材サイトでアイキャッチ画像は十分に作成できます。

 

しかし、無料であることで、

利用制限などがあるので一日に使える回数は限られることもしばしば...。

 

ひなまる
無制限で使用したい場合は、
有料登録をすれば何度でも使用できます。
まずは無料でフリー素材を使ってみましょう!

 

ブログに使う画像から読者に与える記事の印象も変わるので、

ぜひ記事に合った画像をフリー素材サイトの中から選んで見てください。

スポンサーリンク

アイキャッチ画像を使うメリットとは

アイキャッチ画像を設置することで、

視覚に訴えたり、記事のイメージを定着させるなど様々なメリットがあります。

 

具体的なメリットをまとめると以下のようになります。

 

記事のクリック率を上げることができる
視覚的に記事の内容を伝えることができる
記事一覧でタイトルと一緒に表示され分かりやすい
SNSなどでも拡散されやすくなる

 

これから記事を読もうとする読者には、

 

「おもしろそうな情報がありそうだ」

「自分に必要そうな情報だ」

 

ひと目で印象付けることができるのがアイキャッチ画像の良いところです。

 

読者への視覚的効果が期待的できるものなので、

記事に合ったものを選びながらブログ作成をしたいものです。

ブログでフリー素材を使う注意点

フリー素材を紹介する前に気を付けておきたい注意点だけ解説しておきます。

 

実際に使っても良い画像以外に、

ただ単にネットの中から拾って来てアイキャッチ画像にするのは危険です。

 

なぜなら、「著作権」と言った問題が起きてしまうので

ブログ内で使っても良いと認められた画像を使う必要があるです。

 

フリー素材として使っても良い画像の条件時は、

 

・商用利用ができるかどうか
・画像を改変しても大丈夫か
・クレジット表記が必要かどうか

 

以上のようなことが挙げられます。

 

正しい使い方の中でフリー素材を使っていきましょう。

簡単に注意したい3点について紹介します。

商用利用ができるかどうか

まず一つめには「商用利用」の禁止に注意が必要です。

 

これは金銭を得るためにフリー素材の画像を禁じています。

 

特にアフィリエイトをするのであれば、

広告収入から金銭発生を目的とするわけなので、

画像を使うことは「商用利用」と判断されやすくなります。

 

もしそれが違反として見なされた場合は、

法的な措置を取られることもあるので注意をしましょう。

画像を改変しても大丈夫か

フリー素材を利用する時には、

画像の改変ができるのか利用規約を読む必要があります。

 

素材そのものに文字を入れたり、

切り抜いたり編集してしまって良いのか知っておくべきです。

 

どこまで編集して良いのかも、

記載されていますので事前に確認してみましょう。

クレジット表記が必要かどうか

使用する画像にクレジット表記が必要かどうかを注意する必要があります。

 

クレジット表記とは、「著作者」「提供者」の表示のことです。

たとえ、ネットに掲載する画像であっても作者の著作権が存在しています。

 

素材によっては、著作権の問題も関連する場合がありますので、

こちらも利用規約で確認しておく必要があります。

 

まずは利用規約など、

使用しても大丈夫なのかどうか確認してから使う必要があります。

 

こう言ったルールさえ知っておけば特に気にすることはありませんから、

理解した上でフリー素材を使っていきましょう。

アイキャッチ画像におすすめなフリー素材8選

それでは早速、

フリー素材におすすめなサイト8選を以下の順で紹介していきますね。

 

ぱくたそ
pixabay
photoAC(写真AC)
タダピク
GIRLY DROP
足成
model.foto
Unsplash

 

順番に見ていきますので

あなたに合ったフリー素材サイトがあれば使ってみてください。

ぱくたそ

ぱくたそ 画像

画像の出典元:PAKUTASO

 

出典元サイトURL https://www.pakutaso.com/
商用利用 利用可
クレジット表記 表記不要

 

どこかで見かけたことのある画像に気付くくらい、

利用者の多いフリー画像サイトです。

 

人物写真から風景写真まで幅広く取り扱っています。

主に日本のモデルさんや風景が充実しているので、

素材としては身近な印象を与えらえる画像が多いのが特徴です。

pixabay

Pixabay 画像

画像の出典元:pixabay

 

出典元サイトURL https://pixabay.com/ja/
商用利用 利用可
クレジット表記 表記不要

 

人物写真から風景写真、動物の写真まで

種類がとにかく多く高画質な画像が充実しています。

 

写真だけでなくイラストもあり、

150万以上の画像が用意されています。

 

人物写真のモデルは外国人が多く、

風景写真も海外を感じられるものが多いのでとてもおしゃれです。

 

photoAC(写真AC)

photoAC 画像

画像の出典元:photoAC

 

出典元サイトURL https://www.photo-ac.com/
商用利用 利用可
クレジット表記 表記不要

 

日本のフリー素材のサイトです。

会員登録をして利用することになりますが、

一部分は無料で使うこともできます。

 

写真も人物、風景など

使いやすい画像が多いのでとりあえず探すなら写真ACです。

 

私たちのブログでも、

よくお世話になっているフリー素材サイトです。

タダピク

タダピク 画像

画像の出典元:タダピク

 

出典元サイトURL https://www.tadapic.com/
商用利用 利用可
クレジット表記 表記不要

 

商用利用ができてクレジット表記不要の

フリー素材ばかりを対象にした横断検索エンジンです。

 

現在は「ぱくたそ」や「pixabay」も含めた、

43の無料画像提供サイトをタダピク内で検索できます。

 

幅広くフリー素材を探したいならこちらのサイトがおすすめです。

GIRLY DROP

GIRLYDROP 画像
画像の出典元:GIRLY DROP

 

出典元サイトURL https://girlydrop.com/
商用利用 利用可
クレジット表記 表記不要

 

女性向けにかわいい画像がそろったフリー素材を扱うサイトです。

 

ファッション、インテリア、カフェなど

しゃれな素材が多いのが特徴にあります。

 

女性向けに書く記事に使うなら持って来いな素材が集まっています。

足成

足成 画像

画像の出典元:足成

 

出典元サイトURL http://www.ashinari.com/
商用利用 利用可
クレジット表記 表記不要

 

日本のアマチュアカメラマンが、

撮影した写真を提供しているフリー素材サイトです。

 

人物や風景など数多くの画像が揃っていますが、

とくに風景や自然など季節を感じられる素材が魅力的です。

model.foto

モデルフォト 画像

画像の出典元:model.foto

 

出典元サイトURL https://model-foto.jp/
商用利用 利用可
クレジット表記 表記不要

 

サイトのホーム画面にもあるように、

女性がモデルになったフリー素材が多いのが特徴です。

 

またモデルの動作からの検索もできるので、

とにかく女性を中心に画像を使いたい人にはおすすめです。

Unsplash

Unsplash 画像

画像の出典元:Unsplash

 

出典元サイトURL https://unsplash.com/
商用利用 利用可
クレジット表記 表記不要

 

「pixabay」と並んで素材の数の多さと高品質な画像が特徴です。

 

海外のフリー素材のサイトで、

人物写真と風景写真が多く

会員登録しなくても利用することができます。

 

以上がおすすめするフリー素材サイトになります。

 

基本的には商用利用可能とクレジット表記は不要のサイトばかりですが、

使用する際には利用規約に確認してから利用しましょう。

画像の加工ができるおすすめ作成ツール

フリー素材を加工するための作成ツールも合わせて紹介しておきます。

 

ここで紹介するツールは以下の2点です。

 

PhotoScape
Canva

 

画像に記事タイトルや装飾など簡単に設定できるので、を入れたりすることで

画像にインパクトを与えたい時などにぜひ利用をしてみてくださいね。

PhotoScape

Potoscape 画像

画像の出典元:PhotoScape

 

出典元サイト:PhotoScapeダウンロード

 

簡単に使うことができる無料ソフトで、

ダウンロードをしてインストール後に使用します。

 

特徴としては、

画像のトリミングやサイズ調節といった軽作業向きで、

アイキャッチ画像の作成だけであれば十分な機能を兼ね備えています。

 

その分、細かな作業をすることはできませんが、

使いやすさで言えば簡単に作業ができるのでおすすめです。

Canva

Canva 画像

画像の出典元:Canva

 

出典元サイト:Canva公式サイト

 

「PhotoScape」のようにインストールして使う必要がなく、

オンライン上で画像を作成することができます。

 

一部有料の機能はあるものの無料でも十分に使うことができます。

 

さらに、無料でも使えるテキストのテンプレートなど

豊富に取り揃えられているのでプロが作ったような画像を簡単に作成することができます。

 

私たちもよくお世話になっていますので、

画像の編集の際にはぜひ使って見ることをおすすめします。

まとめ

以上がアイキャッチ画像におすすめできるフリー素材サイト8選になります。

 

サイトによって素材の個性が異なるので、

あなたのブログにあったものを選んでみてくださいね。

 

またフリー素材サイト以外にも、

ブログ作成には欠かせない便利ツールについてもこちらの記事でまとめました。

 

 

本格的にブログをするならぜひ読んでみてくださいね。

 

今回はここまでとなります。この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

それではまた。

スポンサーリンク
初心者にも優しい高品質高機能なWordPressテーマ「Diver 」

Diverは簡単に使うことができる高品質高機能なハイスペックなWordPressテーマです。さらに、その使いやすさから初心者にも優しく実績に基づき作られた内部構造や無駄の無い美しいデザインは誰にでも手にすることができます。また「常にバージョンアップが行われ完璧なSEO対策」「直接メールサポートが無期限・無制限で利用可能」「豊富な入力補助機能を使ってのデザインは無限大」「複数ブログでの利用制限なし」などなど特徴を上げれば切りがありません。Diverだからこそ詰め込むことができたワンランク上のWordPressテーマを実感してみて下さい。(画像の出典元:Diver)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事