自分で稼ぐ力!これからの時代で身につける会社に依存しない方法。

ひなまるです。

 

自分で稼ぐ力を身に付ける大切さ

について解説していきます。

 

いきなり自分で稼ぐと言われても、

 

事業をしているわけでなく、

今まで稼いだことがなければ、

かなりハードルが高く感じる人もいます。

 

でも、

そう感じるのはあなただけではなく、

私たちも含めて、

多くの人が感じるところです。

 

なので、

別にそれが特別なことでもありませんし、

 

どちらかというと

日本では、個人で稼ぐことよりも、

 

会社から給料を得る働き方の方が一般的で、

人口比率も非常に多いです。

 

自分の身の回りにはサラリーマンの人が多い

そう感じる人も自然なことですよね。

 

ですが、

そんな中でも、サラリーマンをしながら

 

副業などで、

自分で稼ぐ力を持つことと持たないことでは、

今後の生き方にも大きく影響する可能性があります。

稼ぐ力を身に付ける大切さとは?

では、

なぜ自分で稼ぐ力を身に付けることが大切なのでしょうか。

 

結論を先に言ってしまいますが、

 

自分で稼げるようになると、

 

将来のある程度の生活が、

「自分で操作できる」ようになります。

 

簡単に言うと、

自由の幅が広がります。

 

例えば、

収入源が複数あることから、

会社からの給料だけに縛られなくなりますし、

 

万が一、

サラリーマンとしての仕事を失った場合でも、

無収入で途方に暮れることもなくなります。

 

もしくは、

起業できるまで成長させて、

本業として収入を稼ぐことだって可能です。

 

事業を立ち上げられるまでになれば、

 

 

会社が決めた出勤日数と労働時間、

 

会社が決めた出勤場所、

 

会社が決めた行いや規則を守ること、

 

 

そんな縛りのある

拘束される環境に身を置かなくても良くなります。

 

まあ、

事業を立ち上げることは極端な例にしても...

 

雇われた労働時間内は、

自分のものではなく会社のものですからね...。

 

当然、

「自分で操作できる」ものでもなく、

会社のために働くことになります

 

その対価が、給料と言うわけですね。

 

ちなみに、

どれだけ会社のために頑張ったとしても、

 

給料が少ない...

上がらない...

 

なんてよく耳にしますが、

 

時間で働いている以上は、

得られる収入は限りがあるので、

これは過度な期待をするだけ時間の無駄です。

 

高額な役員報酬をもらってたら別ですが、

 

「サラリーマンの平均年収」とは...?

みたいなことを聞いたことあると思いますが、

 

世の中のサラリーマンの年収には、

さほど大きな差は出ないと考えられます。

自分で稼げる人、稼げない人の働く習慣

では、

自分で稼げる人と、稼げない人には

どんな差が出るのでしょうか。

 

ここでは、生活に直結する給料が、

生活費のすべてになっているかどうかが

判断基準でいいと思います。

 

この状態にあることは、

会社からの給料に

依存する傾向が強くなりがちと言ってもいいでしょう。

 

そうすると、

どうしても時間で雇われる労働者からは、

抜け出すことができなくなります。

 

何も問題視する人でなければ、それでいいのですが。

 

この会社への依存は、

これからの時代を生き抜くのに

はたしてそれが適当なのか、そこに行きつくわけです。

 

ただでさえ、いまの日本では終身雇用は崩壊していて、

長く勤められるかどうかも分からないのに、

 

これからもっと加速していくだろう現状で、

先行きの見えないことを考えたら怖すぎます。

 

しかも、

 

突然のリストラや倒産...

 

 なんてこともありえるわけです。

 

まだ20代なら、

すぐに再就職先だって決まるかも知れませんが、

 

30代後半〜40代、50代になるにつれて、

再就職先を探すことは簡単ではありません。

 

雇用保険をもらえる期間だって一定期間の中で、

求職中、失業中をいつまで続けられるかです。

 

さらには、

近年のAI(人工知能)の発達により、

今まで人間がやって来た管理や作業を機械が代わりやってくれますし。

 

コンビニが無人化になる話題や、

自動運転の技術が進歩で、物流業界にも変化が起きようとしています。

 

これからも技術が進歩することで、

人間の仕事が奪われて行く可能性が十分にあるわけです。

 

そんな時代背景で、

会社に生活費のすべてを依存し続ける働き方は、

どこか危ない感じがするのです。

 

 

しかし、こんな状況下でも、

自分で稼ぐ力を身につけている人であれば、どうでしょうか。

 

同じ環境に置かれた場合でも、

 

無収入になることは

少なくとも回避できますし、

再就職をするにしても、転職をするにしても選択の幅は広がります。

 

つまり、

稼ぐ力を身につけている人は、

身を守る方法を知っているのです。

 

では、

それをどうやって手に入れるのか、 

 

これから十分に準備することができるので、

将来へのリスク管理とも言えるのでオススメです。

「時間で雇われる労働」から抜け出す方法

まずは、

必ずと言ってもいいほど避けなければいけないものは、

 

「時間で雇われる労働」

 

です。

 

例えていうなら、

本業が終わってから、

どこかの会社やお店でアルバイトをしたりすることです。

 

いままで紹介してきたこと、

会社に雇われるということ
  • 会社が決めた出勤日数と労働時間
  • 会社が決めた出勤場所
  • 会社が決めた行いや規則を守ること

である以上は、

勤め先の都合次第がすべてです。

 

なので、

同じような構図は避けます。

 

それでは、

いったい何が良いのかいうと、答えは一つだけです。

 

それは、

インターネットを使ったビジネスを始めること。

 

終身雇用崩壊やAIの時代背景だけではなく、

インターネットの普及率も凄まじく浸透しています。

 

いままでの過去にはない環境であることは確かです。

ネットビジネスで稼ぐことから得られるもの

さて、

インターネットを使ったビジネス

「ネットビジネス」は、

 

時間で雇われる労働と比較した場合、

何が違うのか簡単にまとめておきます。

時間で雇われることとネットビジネスとの比較
  • パソコンとネット環境があれば、時間や場所に縛られない
  • ネットビジネスの稼ぎ方には、収入の上限がない
  • 収入源が複数あることで、働き方が多様化できる

ここでは、あくまでも比較としてあげたので、

より詳しいことについては、こちらをどうぞ。

 

パソコンとネット環境があれば、時間や場所に縛られない

ネットビジネスをするにあたって、

 

副業とするのか、

起業とするのかは、

 

どのスタイルをとっても

ネットビジネスにかかる初期費用は、ほとんどかかりません。

 

パソコン一台を用意することと、

ネットに接続できる環境を用意することです。

 

何をするかにもよりますが、

ネットにさえ繋がれば、

ほとんどのことが時間場所も選ばずにできてしまいます。

 

スマホという選択肢もありますが、

これはサブ的なツールとして使う分にはいいと思いますが、

作業効率が悪いので、オススメはしません。

 

会社で働くことと比べれば、

圧倒的に自分のペースで始められるのがネットビジネスです。

ネットビジネスの稼ぎ方には、収入の上限がない

代表的なネットビジネスには、

 

転売(せどり)、クラウドソーシング、FX、

アフィリエイトなどがあります。

 

ちなみに、

私たちがオススメしているのが「アフィリエイト」です。

 

ここでは詳しくはお話しませんが…

やり方さえ間違わなければ、

かなりの高収入を目指すことも可能ですよ。

 

そんな、

いくつかあるネットビジネスですが、

 

収入と言えば、

売上げた利益や成果の報酬を稼ぎにしていきます。

 

はじめは成果が出にくく

収入も低いかも知れませんが、

 

成果が出はじめると、

時間で稼ぐ労働のように上限はなく、

大きく稼ぐことも可能です。

 

ただ、

よく簡単に楽して稼げるみたいなことを

言われたりしますが、

 

これは嘘だと思ってもらってもいいので、

しっかりと取り組む必要があります。

 

初期投資が少なくてすむメリットと合わせて、

利益率を高く出せる点においても、

初心者がゼロから始めるには最適な環境だと言えます。

収入源が複数あることで、働き方が多様化できる

個人で稼ぐ力を身につけることで、

一つの会社への依存

職場でのキャリアに固執する必要がなくなります。

 

先ほども触れたように、

将来に不安を抱える中では

何が起こるかも分かりません。

 

ましてや、

日本の風潮によくある、

高学歴から大企業への就職、出世をしながらの定年退職、

みたいな社会のレールから外れる可能性だって大いにあります。

 

ないことが望ましいですが...。

 

一度レールから外れた人には

優しくない社会構造があるのも事実です。

 

そんな中でも、他から収入源があることは、

今後の働き方を考えた場合、

仕事選びの範囲を広げることができます。

 

逆に、

自分で稼いだものでは足りない部分を、

給料で補うみたいな働き方だってできるのです。

 

働き方の幅が広がることは、

仕事選びの選択の幅も広がると言えます。

まずは、ネットビジネスの収入を実感することからはじめる

ここまでが、

自分で稼ぐ力を身につけて得られる大切なことです。

 

たしかに、いきなり始めようと思っても

すぐに力になることも、

収入に変わることもないかも知れません。

 

それに、

芽が出るまでには、

かなりの時間のかかるものだってあります。

 

しかし、

まずは始めてみて、

ネットビジネスを通して、500円でも1,000円でも稼いでみる。

 

そして、それが1万円となり、5万円となって

定期的に稼いで行けることの

実績経験を積み上げていくことです。

 

急な変化があると言うよりは、

ジワジワと変化させて行くことが理想でしょう。

 

気付いた頃に、

「自分で操作できる」選択肢が増えていた、

そんな状態が良いかと思うわけです。

 

少しずつレベルアップさせていくことがオススメだと言えます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事