ブログ名の決め方!迷ったときに読んでほしい失敗しないための作成手順

ひなまるです。

 

ブログ名(タイトル)の決め方について紹介します。

 

ブログ開設をするうえで、

執筆者の名前と同じくらい

ユーザー(読者)に覚えてもらいたいのがブログ名です。

 

お店で言えばショップ名や屋号と同じことなので、

はじめて訪れたお客さんには、

また来てもらえるように覚えて帰ってもらいたいです。

 

それだけにユーザーに与える印象は、

分かりやすいものにしておかなければなりませんし、

 

リピーターが多ければ、

アクセスや収益にも影響が出てくるので

失敗しない名前選びをしていきたいものです。

 

今回は、

そんなブログ名について以下の内容でお伝えします。

 

・覚えやすいブログ名にすること
・ブログ名を決めるときの手順について

 

ブログの名前付けで悩んでみえましたら、

ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

覚えやすいブログ名にする

まず今回の記事の結論ですが、

はじめに言ったほうが分かりやすいのでお伝えします。

 

ブログ名を決めるために必要なことは、

ユーザーにとって覚えやすい名前にするということです。

 

これが名前を考えるにあたって、

大部分を占めるポイントになりますので意識して行きましょう。

 

もちろん、

自分が好きな名前にすることは最重要ですが、

訪問してくれたユーザーのためにも、

 

気軽に覚えてもらえて、

ブログ名から検索してもらいやすい名前”

にしておくことが良いと言えるからです。

 

このあたりのバランスうまく取りながら、

ブログ名を決めていけるとベストだと思います。

 

そんな覚えやすい名前の付け方で、

押さえておきたいことを以下にまとめました。

 

ブログ名を決めるポイント
・できるだけ短い名前にする
・記憶に残りやすい名前にする
・ひらがなとカタカナにする
・英語表記はさける

 

このポイントを意識しながら、

具体的なその効果と対策について解説していきます。

“記憶に残りやすい”ように短いブログ名にする

ブログ名を決めるにあたって、

名前はできるだけ短いほうが良いです。

 

言うまでもなく理由としては、

「覚えやすい=記憶に残りやすい」ことです。

 

これは先ほどもお伝えしたような、

次回はブログ名で検索してくれる

「指名検索」の機会を増やす効果があります。

 

この指名検索が増えることで、

多数のユーザーからも認知されている、

期待に応えているサイトとしてGoogleからの評価は高くなります。

 

直接的ではありませんがSEO的にも有利と言えます。

『ひらがな』と『カタカナ』を使って難しい言葉は避ける

いくら短いブログ名にしたとしても、

難しい漢字を使うことで読めないことも考えられます。

 

例えば、

「麒麟ぶろぐ」と名付けるよりは、

「きりんぶろぐ」のほうが誰でも読むことできますし、

柔らかい印象を与えます。

 

自分にとって思い入れが強く使いたい言葉であれば、

それはそれで覚えてもらいやすい名前にする工夫が必要ですが

表現の仕方は気を付けたほうが良いでしょう。

 

また、これは英語表記でも同じことが言えて、

アルファベットがごちゃごちゃ並んでいて

分かりにくさを感じさせる要因にもなります。

 

たしかに英語表記にすると、

見た目もお洒落で綺麗なイメージを表現できますが、

ユーザーが読めなければ言葉の意味も伝えることができません。

 

なので、

誰にでも難しくなく読みやすい、

「ひらがな」「カタカナ」表記であることが良いわけです。

 

分かりやすさから見ても、

このような表記で候補に挙げて行くことをおすすめします。

 

さらに、

PCやスマホからブログ名を入力して

検索してくれるユーザーのことを考えた場合、

手早く文字入力できることはメリットになりますので参考までに。

 

では、以上のことをふまえて、

覚えやすいブログ名を決める順序について見ていきましょう。

ブログ名の決め方で失敗しない作成手順

ブログ名を決めるまでに、

ある程度の流れのもとで考えていければ、

よりスムーズにブログ名の候補を絞り込めます。

 

その流れを手順として、

まとめましたのでぜひ参考にしてみてくださいね。

ブログ名の失敗しない作成手順
1.ブログのテーマとコンセプトを決める

2.関連したキーワードを挙げてみる

3.挙げたキーワードから考えてみる

4.ユーザーが覚えやすいブログ名かどうか

5.ブログ名は同業(ライバル)と被っていないか

6.自分が好きになれる名前になったか

7.同じ名前でドメインが取得できるか

この順で候補を挙げて、

絞り込む作業を行っていきましょう。

1.ブログのテーマとコンセプトを決める

まずは何と言っても、

ブログのテーマとコンセプトが決まっていなければ

ブログ名も付けにくいです。

 

あなたのブログ運営するうえで、

誰に対して何の情報を届けたいかを決める必要があります。

 

ブログのテーマやコンセプトが決まっていれば、

ある程度は共通した記事内容を作成することになりますし、

 

それに関連したブログ名を付けることで、

ユーザーから見ても何のブログなのか判断が付きやすくなります。

 

このあたりは、

ブログのジャンル選定にも大きく関連してきますので、

迷っていましたらこちらの記事をどうぞ。

アフィリエイトでジャンルを決める!無理しない稼ぐための選び方

 

まずはブログのテーマとコンセプトに沿って

ブロブ名を決めていくと良いでしょう。

2.関連したキーワードを挙げてみる

次にキーワードからブログ名を考えてみることです。

 

ブログのテーマとコンセプトが決まっていたら、

それに付随するキーワードをいくつか挙げることができます。

 

例えば、

あなたのブログが“美容と健康”をテーマにするものであれば、

「肌荒れ」「脱毛」「コスメ」などのキーワードです。

 

とにかくブログに関連したキーワードについて、

具体的、抽象的な表現は問わないので

イメージできるもの思いつく限り挙げて行きましょう。

3.挙げたキーワードから考えてみる

そして、このキーワードを使って

表現方法を変えてみたり、

組み合わせたりしてブロブ名を考えていきます。

 

実際に、

そのやり方についてはいくつかのパターンがあるので、

どれが自分にあっているのかで決めていきましょう。

 

大きく分けて以下の点がポイントになります。

抽象的な大きなキーワードから決める
・自作した造語をつくる
・実名をブログ名に入れる

順に紹介していきます。

抽象的な大きなキーワードから決める

まずひとつ目は、

大きなキーワードを使うことです。

 

先ほどの“美容と健康”で言えば、

このジャンルでの「肌荒れ」「脱毛」「コスメ」と言った、

具体的な表現するのではなく大きな枠組みでキーワードを使います。

 

「〇〇美容ブログ」とか「〇〇健康日記」みたいな感じ。

 

直接的に大きなキーワードが目に飛び込んできて、

ユーザーから見てもダイレクトに何のブログかが分かります。

 

幅広い記事について書かれた印象を与えることで、

ユーザーはある程度の目星をつけて訪問することができます。

 

もちろんもう少し幅を狭めたキーワードでも同じことなので、

とりあえずは選定する作業から始めます。

自作した造語をつくる

関連したキーワードをもとに、

ブログのイメージにあった造語を自分で作ります。

 

例えば、

キーワードとキーワードを合わせたような

もともとはない言葉を作ってみます。

 

私たちのブログ名もこの造語をもとにしていますが、

「これからの未来」と「ライフ」を組み合わせて

「これからいふ」として名付けています。

 

ただそれだと何のブログか分からないので、

ブログ名と合わせてスローガンを入れています。

 

5万円をアフィリエイトで稼ぐ、

そしてそれは未来を変えるものとして、

『未来を拓く5万円』にしたわけです。

 

ちなみに、

ブログ名だけでは中身が伝わらない造語の場合は、

スローガンをブロブ名の隣に付けることで伝えることができます。

 

自分の好きなブログ名を重視する場合には、

この方法はおすすめなのでやってみる価値はあります。

実名をブログ名に入れる

自分の実名をそのまま使ってしまう方法もあります。

 

これに関しては抵抗を感じる人も多いので、

あなたのブログを通して得られる方向性が、

どこに進んでいくのかも加味して決めた方が良いと思います。

 

ビジネスとして、

ブログ以外での活躍の場を広げたいなど

自分自身を売り出したい場合には有効的な方法だからです。。

 

ブログ運営の執筆者は、

匿名か実名かと言ったことにも通じるので、

良ければこちらの記事も読んでみてください。

ブログには匿名と実名どっちを選ぶ?もう迷わない名前の決め方!

 

実名を入れることも造語を作ることも、

他のブログと名前が被りにくく個性が出せるので

差別化できるメリットがあります。

4.ユーザーが覚えやすいブログ名かどうか

ここはいままでに何度か触れて来ているので簡単に。

 

ユーザーが覚えやすいかどうか

記憶に残りやすいかどうか、

再訪問してくれる時に指名検索しやすいかどうかです。

 

ブログ名の候補に挙げたものについて、

他の人の意見を聞いてみたりして、

客観的な目線も参考にすると良いでしょう。

5.ブログ名は同業(ライバル)と被っていないか

ブログ名が決まったら、

同業(ライバル)と名前が被っていないかチェックをしてみましょう。

Googleで検索してみることをおすすめします。

 

ブログ開設をしている同業者の方と同じ名前であれば

今後のブログ運営に影響が出やすいのでやめておいた方が良いです。

6.自分が好きになれる名前になったか

ブログ運営をするということは、

長期的な展望で続けて行くことになります。

 

長く付き合っていくブログ名なので、

覚えてもらいやすい名前であると同時に

自分が好きになれるかどうかがとても重要です。

 

名前を付けたブログをもっとも多く触るのは自分自身です。

 

モチベーションを長く維持し続けるには、

愛着をもって育てて行けるものであることが大前提となります。

 

ぜひ自分自身が好きになれるブログ名を決めていきましょう。

7.ブログ名と同じドメインが取得できるか

ドメイン取得についてですが、

必ずしもブログ名と同じでないといけない理由はありません。

 

一致させたい場合のみ、

ドメインが取得できるのかどうか確認してみましょう。

 

ただし、ブログ名と一致したドメインであると、

名前に愛着が湧くだけでなく、

ユーザーからもあなたのブログだと判断してもらいやすくなります。

 

ドメインの取得の仕方については、

こちらの記事で紹介しています。よければどうぞ。

【WordPressの始め方!】エックスサーバーではじめる完全マニュアル

 

調べてみて取得できるのであれば、

一致させるほうがいいと思います。

“ブログ名の決め方”のまとめ

以上がブログ名を決めるときに必要なことになります。

 

まずはブログで発信したいことを主軸に考えてみて、

ユーザー目線に立ったうえで、

自分が好きになれる名前を考えていきましょう。

 

もし一度考えた名前が合わなかったとしても、

ブログの成長がまだ弱いうちはいつでも変更しても大丈夫です。

 

できるかぎり失敗しないような方向性で、

ブログ名を付けて行けば良いと思います。

 

今回の内容はここまでとなります。

あなたのブログ作成の参考になれば幸いです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事