ブログには匿名と実名どっちを選ぶ?もう迷わない名前の決め方!

ブログ運営をするうえで、

「執筆者(管理人)の名前」を決めるときに、

“匿名”にするか“実名”にするかで以外と悩む人が多いです。

 

実際にはどちらが良いのでしょうか?

この記事ではそんな悩みについて解説していきます。

 

この記事を読むことで分かること
・匿名と実名のそれぞれのメリットとデメリットが分かる
・匿名にするのか実名にするのかを決めることができる

 

以上のことから最後まで読んでいただくと、

“匿名”“実名”のどちらが良いのか判断が付くようになります。

 

ぜひ判断基準にして、名前を決める際に参考にしてください。

それではよろしくお願いします。

スポンサーリンク

ブログは匿名と実名どっちがいい?

いきなりですが、

はじめに結論からお伝えしていきます。

 

匿名か実名のどちらがいいのかと言うと、

答えは「どちらでも大丈夫」ということになります。

 

なぜなら、どちら選んだとしても、

ブログの価値としてはさほど大きな影響を与えるものではないからです。

 

仮に私は実名を公表していると発信していたとしても、

実は偽名の可能性だって十分にあるわけですし...。

 

私たちも実名なのかどうかなんて、

確かめるまで普通はやらないと思います。

 

それよりかは、

これから立ち上げようとするあなたのブログが、

どんな情報を提供するのか中身のほうを大事にしたほうが良いと言えますし、

 

ユーザーからの信頼が高まり名前を覚えてくれやすくなります。

 

なので、それほど気にしなくても良いと言うのが結論です。

 

しかし、それではこの記事の価値がなくなってしまうので、

それぞれのメリットとデメリットを紹介しながら

どういう場合に匿名と実名を選んだほうがいいのかを見ていきましょう。

匿名にするメリットとデメリット

それでは匿名にすることの

メリットとデメリットについて見ていきましょう。

 

全体的な総論としては、

ブログ以外の運営を考えていないなら、

迷うことなく匿名ではじめてしまうのは良いかも知れません。

 

ちなみに私たちは顔出しもないブログ運営を匿名でやっています。

匿名のメリット

基本的にブログ運営をしている人は、

匿名で活動をする割合が多い傾向にあります。

 

メリットとして上げられるのは以下の通りです。

・安全性を確保しておく
・発言の自由が高い
・厳しい目で見られる環境への身バレ防止

それぞれについて見ていきます。

安全性を確保しておく

シンプルに、

匿名にすることで安全性が高くなります。

 

ブログ運営をしていると、

ユーザーに有益な情報を提供することのみならず、

ときには自分の意見や考えを発信することもあります。

 

そのすべてを素直に読んでくれるユーザーだけなら良いのですが、

実際にはそうでもないユーザーもある一定数はいるわけです。

 

そんな中であなたのブログが炎上した場合、

自分の身を守ることへの対策を事前にすることができます。

 

最悪の場合、

サイトを手放すことになったとしても、

実名までは残らずネットから切り離せます。

 

そう言った非常自体のときに、

安全性を確保しておくことができます。

発言の自由が高い

匿名である以上、

安全性が確保されていることで

ある程度は自由な考え意見も発信しやすくなります。

 

表現の自由が高いブログは、

書く側からも読む側からしても楽しい内容なので、

メリットを活かしていくことはとても良いことです。

 

ただし、

匿名であっても実名であっても

発言することへの責任感は変わりありません。

 

ユーザーの検索意図に沿った記事作成を心がけましょう。

厳しい目で見られる環境への身バレ防止

普段の本業や生活があるなかで、

何かしらの制限がかかってしまう環境にある人、

現実の生活圏でのダメージが大きい人にとっては、

匿名である方がメリットになります。

 

また、ネットを使ってお金を稼いでいることを

よく思わない人だって周りには一定数はいるので、

悪い噂が立ったり妬まれたりすることからも避けることはできます。

 

身バレ防止にはやはりこの選択肢しかありません。

匿名のデメリット

匿名のデメリットについては、

実名でするよりは信頼性は低くなる傾向にあります。

 

どこの誰だか分からない人の記事を読むより、

ある程度の人物像が特定できるほうが

信頼性で言えば強くなります。

 

ですが先ほどもお伝えしたように、

ブログ以外の活動の拡大を考えていないのなら、

とくにデメリットとまでは言えません。

 

ブログから飛び越えて個人の信頼性を構築し、

ワンランク上のビジネス形態をつくるのであれば、

 

「実名=個人」として、

売り込むことができる実名はメリットです。

 

今後のあなたの運営スタイルが、

どこに向かうかが大きなポイントになるでしょう。

実名にするメリットとデメリット

次に実名のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

実名のメリット

匿名のデメリットでお伝えした内容がそのままですが、

個人で活動をすることで、

名前自体の資産価値は高めることができます。

 

ある程度の人気ブロガーともなれば、

ブログ運営以外のマスメデイアからのオファーが来たり、

講演会に呼ばれたりすることだってあります。

 

その場合は匿名であるよりも実名の方が、

幅広いビジョンを持ったうえでビジネスを仕掛けて行けます。

 

実際に、実名でブログ運営をして、

顔出しもしているブロガーの方もみえます。

 

ブログ運営だけでなく、

リアルビジネスでも信頼性を構築させていく意味では

実名を使うことはかなりのメリットだと言えます。

 

しかし、

私たちのようにひっそりとブログ運営するのであれば、

そこまでする必要があるかどうかです。

実名のデメリット

実名のデメリットとしては、

匿名のメリットで紹介した内容と真逆のことが上げられます。

・個人を特定されやすい
・何かあった時は実生活や身の回りの人に影響が出る

やはり最も大きなものは身バレではないでしょうか。

個人を特定されやすい

よくあることには、

副業としてブログ運営をする際

実名を使うことで会社にバレる確率が高くなることです。

 

副業が認められている会社なら

それほど問題ではありませんが、

そうではない会社だった場合には致命的です。

 

副業のみならず、

身の回りの生活圏に影響を与えるのなら

よく考えたうえで実名にしましょう。

 

また実名だけでなく、

個人を特定されやすい情報を書き込みすぎるのも注意が必要です。

何かあった時は実生活や身の回りの人に影響が出る

個人を特定する意味では、

もし何か悪いことが起きた時には、

実生活や家族にも影響を及ぼします。

 

もともと身バレしていた場合、

ネット上で悪い噂が流れると、

実生活にも影響を及ぼす可能性があります。

 

自分だけならまだしも、

家族や身内など身の回りの人たちにも

迷惑をかけてしまうことになります。

 

実名を使う以上は、

そのような影響力も考える必要があります。

匿名か実名かの判断基準

それぞれのメリットとデメリットから特徴が分かったと思います。

 

匿名か実名かの判断基準は、

ブログを使ったビジネスをどこまで拡大させるのかどうかが

一つの大きなポイントになるのではないでしょうか。

 

ブログ運営を中心に

アフィリエイトでひっそりと稼いでいくのか、

 

ワンランク上のリアルビジネスで、

発展を視野に入れて運営をして行きたいのか。

 

この判断基準でを元にして匿名か実名かを決めれば良いと思います。

 

あなたにあった名前を決めて、

これから本格的にブログ記事を作成していきましょう。

 

また、これからブログを本格的に始めるには、

記事作成にかける時間や労力と言った作業環境がとても大切になってきます。

そんな効率を良くする便利なツールとしてWordPressテーマがあります。

 

WordPressテーマの関係記事については

【WordPressテーマ】有料と無料では差が開く!初心者こそ有料を選ぶ理由

こちらで紹介していますのでぜひ読んでみてくださいね。

まとめ

結局、どちらがいいのかと言えば、

ブログ運営で見るのであれば匿名でも実名でもとくに変わりはありません。

 

匿名でも実名でもアクセス数は増やすことはできますし、

あなたのブログから発信される情報にさほど影響がでるわけでもないです。

 

ただ名前を決めるにあたって

自分のブログをどのように育てていきたいのかを、

ある程度決めてから選んでいくといいと思います。

 

今回はここまでとなります。

この記事があなたのお役立てれば幸いです。

スポンサーリンク
初心者にも優しい高品質高機能なWordPressテーマ「Diver 」

Diverは簡単に使うことができる高品質高機能なハイスペックなWordPressテーマです。さらに、その使いやすさから初心者にも優しく実績に基づき作られた内部構造や無駄の無い美しいデザインは誰にでも手にすることができます。また「常にバージョンアップが行われ完璧なSEO対策」「直接メールサポートが無期限・無制限で利用可能」「豊富な入力補助機能を使ってのデザインは無限大」「複数ブログでの利用制限なし」などなど特徴を上げれば切りがありません。Diverだからこそ詰め込むことができたワンランク上のWordPressテーマを実感してみて下さい。(画像の出典元:Diver)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事