ブログには匿名と実名どっちを選ぶ?もう迷わない名前の決め方!

ひなまるです。

 

ブログ運営をするうえで、

「執筆者(管理人)の名前」を決めるときに

“匿名”にするか“実名”にするかで以外と悩む人が多いようです。

 

これからブログをはじめるのに

長く使っていく名前なのでとても大切なことです。

 

実際に記事を読んでくれるユーザーから見ても、

意外と執筆者の名前については気にして見てくれていますし、

 

運営者としても、

訪問してくれたのなら執筆者の名前も覚えてもらって

また来てほしい気持ちで記事を書きます。

 

今回は、

そんな執筆者の名前について紹介をしていきます。

 

この記事では

・ブログ運営をするうえで“匿名”と“実名”のどちらがいいのか

・“匿名”と“実名”それぞれのメリット・デメリットについて

についてみていきます。

 

まだ名前を決めかねている人にとって、

この記事がお役に立てれば幸いです^^

ブログは匿名と実名どっちがいい?

いきなりですが、

はじめに結論からお伝えしていきます。

 

ブログ運営をうえで

匿名か実名のどちらがいいのかと言うと、

 

「どちらでも大丈夫」

 

というのが正解です。

 

匿名や実名にしたところでブログとしての価値には、

さほど大きな影響を与えるものではないと言えます。

 

というか、

実名で運営していますと名乗っていても

偽名の可能性だって十分にあるかも知れませんし...。

 

まあ、それはさておき。

 

それよりは、

これから立ち上げようとするあなたのブログが、

どんな情報を提供するのか中身のほうを大事にしたほうがいいでしょう。

 

それがユーザーからの信頼性を高める一つの価値になるので、

執筆者の名前については自由に決めても大きな影響はありません。

 

しかし、まったく影響がないわけではなく、

ブログ運営から少し離れたものにウエイトを置くのであれば

匿名と実名の差は生まれやすくなります。

「知人に知られたら嫌だな?」

「身バレするのが嫌だな...」

 

と言う範囲であるなら、

迷わず匿名ではじめてしまうことをオススメします。

 

ちなみに、

私たちは顔出しはないブログ運営を匿名でやっています。

匿名にするメリットとデメリット

では、

ここから匿名にすることで

どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

具体的にみていきましょう。

匿名のメリット

基本的に、ブログ運営をしている人には

匿名で活動をする割合が多い傾向にあります。

 

そのメリットを重視しているかどうかまでは定かではありませんが、

匿名であることのメリットとしては以下の通りです。

安全性を確保しておく

シンプルに、

匿名にすることで安全性が高くなります。

 

ブログ運営をしていると、

ユーザーに有益な情報を提供することのみならず

ときには自分の意見や考えを発信することもあるわけです。

 

すこし自分の意見に偏った記事を公開することで、

それを素直に読んでくださるユーザーの方だけなら良いのですが、

実際にはそうでもないユーザーが一定数いたりします。

 

そんな中であなたのブログが炎上した場合、

自分の身を守ることへの対策を事前にすることができます。

 

最悪の場合、

サイトを手放すことになったとしても

実名までは残らないのでネットから切り離せます。

 

非常自体となったときの

安全性を確保しておくことができます。

発言の自由が高い

匿名である以上、

安全性が確保されていることで

ある程度は自由な考えや意見も発信しやすくなります。

 

表現の自由が高いブログは、

書く側からも読む側からしても楽しい内容です。

メリットを活かしていくことはとても良いことだと思います。

 

自由度が行きすぎないよう記事作成が可能です。

 

ただし、

匿名であっても実名であっても発言することへの責任感は変わりはないので、

検索をするユーザーの意図に沿った記事作成を心がけたいものです。

厳しい目で見られる環境への身バレ防止

普段の本業や生活があるなかで、

何かしらの制限がかかってしまう環境にある人には

匿名のほうがメリットになります。

 

ブログ運営をすることで、

現実の生活圏でのダメージが大きいのであれば匿名がいいでしょう。

 

また、ネットを使ってお金を稼いでいることを

よく思わない人だって周りには一定数はいるので、

悪い噂が立ったり妬まれたりすることからも避けることはできます。

身バレ防止にはやはりこの選択肢しかありません。

匿名のデメリット

匿名のデメリットについては、

実名でするよりは信頼性は低くなる傾向にあります。

 

どこの誰だか分からない人の記事を読むより、

ある程度の人物像が特定できるほうが信頼性で言えば強くなります。

 

ですが、

ブログ運営のみの活動を行う範囲ならば、

とくにデメリットまではいかないと言えます。

 

ブログ運営の枠を飛び越えて個人としての信頼性を構築し

ワンランク上のビジネス形態をつくるのであれば、

「実名=個人」として売り込むことができるので実名のほうがいいでしょう。

 

ただ、ブログ運営内で個人としての信頼性を得る必要がなければ、

匿名にするデメリットには当たりません。

 

今後のあなたの運営スタイルが、

どこを目指すのかにもよると言えます。

実名にするメリットとデメリット

さて、

次に実名のメリットとデメリットについてみていきましょう。

実名のメリット

匿名のデメリットでお伝えした内容がそのままですが、

個人で活動をすることで名前自体の資産価値は高めることができます。

 

ある程度の人気ブロガーともなれば、

ブログ運営以外のマスメデイアからのオファーが来たり

講演会に呼ばれたりすることだってあります。

 

その場合は匿名であるよりも実名の方が、

幅広いビジョンを持ったうえでビジネスを仕掛けて行けます。

 

実際に、

実名でブログ運営をして顔出しもしているブロガーの方もみえます。

 

ブログ運営だけでなく、

リアルビジネスでも信頼性を構築させていく意味では

実名を使うことはかなりのメリットだと言えます。

 

しかし、

私たちのようにひっそりとブログアフィリエイトをするのであれば、

そこまでする必要があるのかどうかですね。

実名のデメリット

やはり最もおおきなデメリットは身バレです。

匿名のメリットで紹介した内容と真逆の状況になります。

個人を特定されやすい

よくあることには、

副業としてブログ運営をする際

実名を使うことで会社にバレる確率が高くなることです。

 

副業が認められている会社ならそれほど問題ではありませんが、

そうではない会社だった場合には致命的です。

 

副業のみならず

身の回りの生活圏に影響を与えるのなら

よく考えたうえで実名を使っていきましょう。

 

また実名だけでなく、

個人を特定されやすい情報も含めて

公開することに注意をしたほうがいいです。

何かあった時は実生活や身の回りの人に影響がでる

個人を特定する意味では、

もし何か悪いことが起きた時には実生活や家族にも影響を及ぼします。

 

もともと身バレしていた場合、

ネット上で悪い噂が流れると住んでいる地域に悪い噂が流れたり、

実生活にも影響を及ぼす可能性があります。

 

自分だけならまだしも、

家族や身内など身の回りの人たちにも迷惑をかけてしまうこともあります。

 

実名を使う以上は、

より細心の注意をしてブログ運営をしたほうがいいでしょう。

実名のメットとデメリットは以上となります。

 

また匿名と実名のほかに、

よく悩みの一つとして上がりやすいことを

こちらの記事で紹介していますので良ければ参考にしてみてください。

 

 

“匿名”と“実名”のまとめ

結局、どちらがいいのかと言えば、

ブログ運営で見るのであれば匿名でも実名でも変わりはありません。

 

つまり、

どちらでも大丈夫という結論になります。

 

匿名でも実名でもアクセス数は増やすことはできますし、

あなたのブログから発信される情報が

どのようなコンテンツなのかのほうが大切です。

 

ただ名前を決めるにあたって

自分のブログをどのように育てていきたいのか

ある程度決めてから選んでいくといいと思います。

 

ブログ運営を中心にアフィリエイトでひっそりと稼いでいくのか、

ワンランク上のリアルビジネスへの発展を視野に入れて運営をして行きたいのか。

 

この辺りの基準で、

あなたの目指す方向性で決めていけばいいと言えます。

 

アフィリエイトのはじめ方については、

こちらの記事で詳しく解説をしていますのでどうぞ。

 

 

では、

これからあなたに合った名前をつけて行きましょう。

匿名と実名の選び方についてはこんなところになります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事