【ブログ記事の文字数】目安が知りたい!知っておくべき大切なこと

ひなまるです。

 

ブログ記事を書きはじめたとき、

意外と記事の文字数って気になりませんか?

 

文字数を気にしながら

記事を書く人も多いと思いますが、

 

初心者の人にとっても、

どれくらい書けばいいのか、

文字数の目安が知りたいところです。

 

今回は、

そんなブログ記事の文字数について紹介をします。

 

この記事を読むことで、

以下2点が分かるようになります。

・ある程度の文字数の目安を知ることができるようになる。
・文字数よりも中身のある記事作成を重要視することが分かる。

 

それではよろしくお願いします。

ブログ記事の文字数の目安とは

ブログ記事の文字数の目安は、

だいたい3,000文字くらいとよく聞きます。

 

記事の分類にすると、

すこし長めの記事なのかなという印象を受けますが、

いったい何を目安にした数字なのでしょうか?

ブログ記事を読む平均的な時間

まずは、

こんな調査結果が出ているので

これを参考にしてみます。

 

日本人の成人が文書内容を理解して、

1分間で文字を読むことができる平均文字数についてです。

 

一般的によく言われているのが、

約500文字〜600文字だそうです。

 

はやく読める人では、

1,000文字以上らしいのですがこれは特別ですね。

 

この約500文字〜600文字を基準に、

1記事の目安3,000文字を読むとなると、

かかる時間は約5分〜6分で読む計算になります。

集中力の継続と記事を読む時間

約5分〜6分と言うと、

何かの合間に読むものとして

少し長いかなと思うくらいで、

集中して読めば簡単に読めてしまいます。

 

ちなみに、

人が何かに集中して持続できる時間は、

一般的に「最短3分〜最長15分」だそうです。

 

この時間の範囲内と言うことであれば、

長文にならない程度の3,000文字は、

妥当な線なのかも知れません。

 

人が集中して読める時間と、

読むために使う時間を考慮に入れたうえで、

計算された文字数だと言えるのではないでしょうか。

ブログで重要性が高いのは『文字数』より『中身』

では、本当にこの文字数が

ひとつの目安なのか気になるところですが、

その辺りについて語ります。

文字数の目安は必要?

もう先に結論を言ってしまいますが、

“実は文字数なんて気にしなくていい”です。

 

確かにSEO的に文字数の多い記事は、

Googleからの評価がよく、

上位表示される傾向にあると言われます。

 

しかし、

調査結果などをもとに紹介しましたが、

文字数を優先させることよりも、

ブログにはもっと優先させることがあるからです。

 

これについては後でお話します。

 

たしかに人が集中できる時間や、

最後まで読み終えれる文字数を計算することは大切です。

 

平均的なデータから計算できていることなので

文字数の目安として活用することに越したことはありません。

 

特にこれからブログをはじめる人で、

目安が必要ならばぜひ参考にしてみてください。

検索エンジンは文字数をカウントしていない

そもそもGoogleの検索エンジンは、

文字数を評価して、

検索順位を付けるようなアルゴリズムではありません。

 

ユーザーにとって、

クオリティの高い充実した記事を評価しています。

 

時おり上位表示を狙うなら、

5,000文字以上の文字数にしたほうが

SEO的には有利みたいなことを言う人もいますが、

 

検索エンジンは、

文字数よりも記事の中身を評価しているので

あまり関係がありません。

 

たしかに上位表示されている記事には

文字数が多いものが来ている傾向にありますが、

 

あからさまに、

文字数だけを稼ぐような内容にしているのではなく、

 

記事の中身を充実させたことで、

結果的に文字数が自然に増えたと考えられます。

 

そういう意味でも、

記事の中身を充実させることに、

重点を置いたほうが良いとわけですね。

ユーザーにとって満足できる記事を書く

では、

記事の中身を充実させるめには

何が必要なのかを理解する必要があります。

 

検索をするユーザーは、

知りたいことがあって解決するためにネットで調べます。

 

「知りたいこと=検索意図」です。

 

その検索意図から上位表示された記事をクリックし、

解決をするためにあなたの記事を読みます。

 

調べたことが、

期待した内容であれば最後まで読んでくれるし、

そうでもなかった場合はあなたの記事から離脱します。

 

いくら文字数が少なくても、

ユーザーの求める内容であれば充実した記事となるわけです。

 

ただし、

検索意図を網羅させる記事を作成しようとすれば、

記事内容も濃くなるし文字数も多くなります。

 

そう考えると、

文字数が多いことがSEO的に有利と言われる理由は、

その中身が評価されているということではないでしょうか。

 

つまり、

文字数を考えるのではなくて、

ユーザーが満足できる記事作成が必要だと言えます。

 

また、ユーザーの満足と言う意味では、

文字数以外にも文章のレイアウトや、

サイト内の見やすさのデザイン性もあげられます。

 

それらの関連記事を、

こちらでも紹介しています。ぜひ読んでみてくだい。

webサイトで読みやすい「行間」と「改行」をブログ記事に取り入れよう

【WordPressテーマ】有料と無料では差が開く!有料テーマをおすすめする理由

ブログ記事は文字数より中身を大切に

ブログ記事を作成するときに

何文字が適切なのかということは気になりますが、

あまり文字数に囚われないことです。

 

ただ一定の基準が必要であるなら、

冒頭でお伝えした集中できる時間と文字数を考えて

目安にすることもひとつの方法です。

 

ただし、

ユーザーにとっては文字数よりも、

調べたいことが解決できる中身のある記事の方が大切です。

 

そんな記事を作成し続ければ、

自然とその記事に必要な文字数となります。

 

ユーザーの検索意図をつかみ、

記事作成の中身を濃くすることが、

ブログ作成には必要です。

 

今回の記事についてはここまでとなります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事