【保存版】ブログの記事タイトルの決め方!やるべき事と6つのコツ

「ブログの記事タイトルが決められない」

「どうやって決めたらいいのか悩んでしまう」

 

実は、そんな悩みって珍しくなんかはありません。

 

ブログをはじめて記事の作成できたはいいけど、

肝心の記事タイトルの決め方に悩みを持つ人は大勢います。

 

特に初心者の方には多いのではないでしょうか。

 

そんなブログの記事タイトルの決め方について今回は解説して行きます。

 

この記事を読むことで分かること
・キーワードを使った記事タイトルの決め方が分かる
・記事タイトルを付けるコツを知ることができる

 

記事タイトルはブログの顔とも言って良いほど重要なものです。

 

どれだけ優れた記事を書いたとしても、

読みたくなるような記事タイトルがユーザーに伝わらなければアクセスも増えません。

 

ぜひこの記事を参考にしていただいて、

「読まれるブログの記事タイトル」を決めてみてください。

 

それではよろしくお願いします。

スポンサーリンク

ブログの記事タイトルが重要な理由

ブログの記事タイトルは記事作成においてかなり重要です。

 

なぜなら、ユーザーはまず始めにブログ記事の本文を読むのではなく、

記事タイトルの印象を見て読むかどうかを決めるからです。

 

それを記事の第一印象と捉えると言っても過言ではなく、

 

「知りたいことが書いてありそうだな」

「悩みを解決することができそうだな」

 

などその記事を読むかどうかを判断します。

できるだけ多くのユーザーに読んでもらえる記事タイトルにするためには、

 

読まれるブログの記事タイトルの決め方
誰に向けた記事タイトルにするのか
キーワードを入れて記事タイトルを作る
読まれる記事タイトル6つのコツを使う

 

と言った対策を取ることが必要です。

 

記事の内容はとても良く仕上がっていて自信のある記事でも、

アクセスが伸びていない時は、もしかすると記事タイトルに問題があるかも知れません。

 

せっかく時間をかけて書いた記事が誰にも読まれないのは切な過ぎますよね...。

 

タイトルを変えただけでアクセスが伸びることも十分にありますので、

抑えておきたい“読まれるブログの記事タイトルの決め方”を順に解説していきます。

誰に向けた記事タイトルにするのか

まずは、誰に向けた記事にするのかターゲットを明確にすることです。

 

これはブログの本文でも同じことですが、

記事タイトルを決める際にもかなり重要なことで、

どんな人に向けた記事なのかを具体的に考える必要があります。

 

例えば、「集客強化のためのSEO対策を徹底解説!」とするよりも、

「初心者必見!」や「広報担当者向け」など具体的なターゲット入れることで、

特定の層に興味を持ってもらいやすくなります。

 

ユーザーは何かしらの悩みをネット検索から解決したいと思っていますが、

同じ悩みを持っていても背景にある環境は人により異なります。

 

検索して読み進めたはいいけど、

初心者なのに記事の中身は上級者向けだとすると、

知りたかった情報ではなかったと思うのは当然ですよね。

 

誰に向けた記事タイトルにするかを決めることは、

記事を書く方向性も定めやすくなり、ユーザー自身も迷わなくなります。

キーワードを選定して記事タイトルに入れる

記事タイトルを決める際に必ず気を付けたいことを紹介します。

その重要事項は以下の3点です。

 

記事タイトルの重要事項
・記事タイトルにはキーワードを入れる
・キーワードは左から順に入れる
・記事タイトルの文字数は30文字以内にする

 

順にみていきましょう。

記事タイトルにはキーワード入れる

記事タイトルには必ずキーワードを入れましょう。

 

キーワードと言うのは、

簡単に言うと「ユーザーの悩み」です。

 

キーワード入れることによって、

ユーザーに分かりやすく情報を伝えることができるし、

Googleにもどんな記事なのかを判断してもらいやすくなります。

 

そのためには、ユーザーの悩みを把握することが必要で、

悩みに合わせたキーワードを記事タイトルに入れることが必須となります。

 

キーワード選定のやり方については、

キーワード選定をする4つのコツ!無料ツールを使って実例で解説で紹介しています。

どうぞこちらを参考にしてください。

 

上位表示を狙った記事を作成するには最低限やらないといけないSEO対策です。

記事タイトルには必ずキーワードを入れるようにしましょう。

キーワードは左から順に入れる

キーワードが選定できたら記事タイトルを作っていきましょう。

 

その際に注意したいことは、

できるだけ順番を崩さずに左に寄せて記事タイトルを作ります。

 

例えば、

「アフィリエイト ブログ 始め方」

と言ったキーワード選定ができたのなら、

 

アフィリエイトで稼ぐためのブログ始め方を初心者向けに解説」

のような感じで記事タイトルの中にキーワードを入れていきます。

 

ユーザーは表示された文字を左から右に読むことから、

左から順に検索したキーワードが並んでいる方がが分かりやすく感じるのです。

 

分かりやすさはクリック率にも影響するので、

できる限り左から順に寄せて行くことを心がけましょう。

記事タイトルの文字数は30文字以内にする

記事タイトルは30文字以内に収めることおすすめします。

まずはこちらの画像を見てください。

 

 

理由としてはGoogle検索した画面には、

赤く囲んだ記事のタイトルは30文字以内で表示されるからです。

 

文字数を超えた場合は「...」で表示されてしまっていますね。

 

長くなり過ぎてしまうと、

伝えたいことがユーザーに伝えられなくなってしまいます。

 

せっかく考え込んだ記事タイトルが読まれなければ意味がないので、

表示のされる30文字以内で収めるようにしていきましょう。

読まれる記事タイトル6つのコツ

ここからはユーザーを引き付けるための6つのコツを紹介します。

それとは以下の通りです。

 

読まれる記事タイトル6つのコツ
・簡単であることが分かる
・数字を入れる
・専門性を入れる
・興味を引く言葉を使う
・疑問を投げかける
・役に立つことが分かる

 

思わずクリックしてしまいそう記事タイトルの付け方なので、

例文と合わせて順に紹介していきます。

簡単であることが分かる

簡単にできそうな表現を入れることで、

ハードルが低そうなイメージを与えることができます。

 

誰だって少しでも効率の良い方法が知りたいのは同じです。

 

「簡単にできる〇〇」、「〇〇する基本」、「これだけはおさえたい〇〇」

などの言葉が記事タイトルにあれば本文が気になります。

 

「らくらく簡単!はじめてするインターネットでする確定申告の手順」

「WordPressが思い通りにカスタマイズできる!実践方法を解説します」

 

人の心理として、

簡単にできて結果がすぐに出ることを好む性質があるからですね。

 

今まで難しそうと思っていたことが、

この記事を読めば簡単に解決できると思えれば安心感さえ与えることもできるでしょう。

 

これらの言葉を入れることで敢えてハードルを下げる効果があるので、

ユーザーにとってはクリックしやすい記事だと感じます。

数字を入れる

具体的な数字を入れることでユーザーに興味を与えることができます。

 

なぜなら、

記事から得られる具体的な解決法がイメージしやすくなるからです。

 

例えば、

 

「ブログで稼ぐために必要なコツ」

「短期期間で減量!リバウンドしないダイエット法」

 

と言う記事タイトルにするよりも、

 

「ブログで月に5万円稼ぐために必要な8つのコツ」

「たった1ヶ月で5kg減量!リバウンドしないダイエット法」

 

など数字を入れることで記事の中身がイメージしやすくなり

具体性が増すことで説得力が生まれます。

 

「それなら自分でも実現できるかも」

「具体的なポイントはここなんだな」

 

とりあえず読んでみようとユーザーの反応が良くなります。

 

クリックする前から中身がイメージできる記事タイトルは、

ユーザーからは好まれやすく興味を持ってもらいやすくなるのです。

 

記事の内容にもよりますが、

詳細な解説をするような記事であれば具体的な数字は少なめに、

逆に幅広い内容を解説するのであれば数字は多めにしたりする工夫もできます。

専門性を入れる

専門性の強い言葉を記事タイトルに入れることによって、

記事の中身に信憑性を持たせることができます。

 

「現役栄養士が選ぶ!おすすめダイエットレシピ10選」

「ブログ歴5年の僕がこよなく愛するWordPress有料テーマを紹介」

 

より深い知識と経験はユーザーにとってとても有益な情報です。

そこから実際に体験した体験談はユーザーの参考になりやすく記事の信憑性を高めてくれてます。

 

また、このような記事は需要も高くクリックされやすく、

記事を読み進めてもらう可能性が高くなります。

 

専門的な分野であれば積極的に使うことをおすすめします。

興味を引く言葉を使う

注意を引く言葉とは簡単に言うと、

記事タイトルの冒頭に興味を引かせる言葉を入れる方法です。

 

見なきゃ損!投資信託を選ぶ際に気を付けた運営コストとは」

意外と知らない!クレジットカードの分割払いとリボ払いの違い」

 

のような言葉を入れることで、

 

「確かに知っておいたほうがいいな...」

「そう言えば今までよく知らなかったな...」

 

と感じさせることを言語化することで興味を引きやすくなります。

 

記事タイトルから興味を引かせるのであれば、

とても効果的な方法なので記事によって使って行ったほうが良いでしょう。

疑問を投げかける

また、興味を引く言葉と同じような効果があるものとして、

記事タイトル冒頭に疑問を投げかける方法もあります。

 

「あなたの資産運用はどれ?安全に資産を増やす6つの方法」
「もうプライベートを犠牲に働くのやめませんか?自分と家族の守り方

 

同じような疑問を感じているユーザーに読み進めたいと思わせることができます。

 

つまり、共感をできるような記事タイトルから、

続きが気になってクリックして読んでみようと言う感情を促します。

 

「?」で投げかけられてしまうところに、

その先が知りたいと言う心理が働いてしまうのです。

役に立つことが分かる

ユーザーは役に立つ内容が含まれているのかどうかを記事タイトルから判断しています。

 

自分が探している具体的な悩みについて、

解決できる内容か読む価値があるかどうかを見ているわけです。

 

つまり、役に立つ情報がある場合に、

パッと見た瞬間に分かるものであると読まれやすくなります。

 

「Twitterを使って効率的に集客を倍増させる方法

「現役保険営業マンが教える!賢い生命保険の選び方

 

ネット検索で文章を読もうとするユーザーの特徴に多いのは、

読書を楽しむ人のようにゆっくり時間をかけて解読していこうと読むわけではありません。

 

どちらかと言うと、

自分の知りたい情報を手っ取り早く収集しようとする性質が強いのです。

 

「〇〇するための方法」「〇〇の手順」「〇〇に必要なやり方」

などユーザーに役に立つ情報であることが記事タイトルからすぐに伝われば、

読んでみようという気持ちにさせることができます。

記事タイトルと本文が一致していること

最後に意外とありがちなことについてお伝えしておきます。

 

これは当然のことですが、

記事タイトルと記事本文の内容が一致していることに注意が必要です。

 

あなたの記事に辿り着いたユーザーが読み始めても、

「これは読みたかったことではないな」と感じてしまったら

一瞬にして離脱し他の記事を探し始めてしまいます。

 

記事タイトルを見ただけで、

本文の内容が分かることと一致していることを再確認してみてください。

 

また、ブログには記事タイトルだけでなく記事本文の読みやすさも必要です。

 

読みやすい文章からユーザーに与える印象で直帰率にも影響します。

ブログの「読みやすい文章の書き方8つのコツ」初心者向けに解説!

で紹介していますのでぜひ読んでみてください。

まとめ

ここまでがブログ記事のタイトルの決め方に必要なことになります。

最後にもう一度おさらいだけしておきます。

 

キーワードを入れて記事タイトルを作る
・記事タイトルにはキーワード入れる
・キーワードは左から順に入れる
・記事タイトルの文字数は30文字以内にする
読まれる記事タイトル6つのコツ
・簡単であることが分かる
・数字を入れる
・専門性を入れる
・興味を引く言葉を使う
・疑問を投げかける
・役に立つことが分かる

 

記事タイトルは30文字以内に収めることがおすすめですが、

この短い言葉の中にいくつもの条件を当てはめることで、

ユーザーから興味をもたれやすくなりクリックに繋げることができます。

 

ブログを書くことも回数を熟せば慣れて行くと同じように、

記事タイトルについても同等のことが言えます。

 

ぜひこの記事を参考にしていただいて色々と考えながら決めてみてくださいね。

今回はここまでとなります。この記事があなたのお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事